女性用媚薬に副作用はある?もしあるとすればどんな副作用?

女性用媚薬の副作用とは?

女性用媚薬の副作用とは?

女性の性的興奮や感度を上げて、性行為を積極的にさせると言われる女性用媚薬ですが、どれだけ効果があっても副作用があれば使用するのを躊躇ってしまいます。

性行為の最中に吐き気や頭痛といった症状がでれば、せっかくの楽しみも台無しです。そのため、女性用媚薬が本当に安全なのか、使用して副作用などがないかをしっかり確認しておきましょう。

まず、女性用媚薬に使用されている成分ですが、マカやガラナ、ザクロ、高麗人参、大豆イソフラボンなど、血管拡張作用や女性ホルモンに働きかけるものを基本としています。古来から滋養強壮に良いものなど、天然の食品となっているので、効果は穏やかですが副作用の心配はまずありません。

場合によってはプラシーボ効果なのか、異常に興奮するといった女性もいるようですが、間違いなく強い催淫効果は認められないのです。残念ながら日本で製造される媚薬には、薬事法という厳しい規定のため、危険性のない限られた成分で作られることになります。

気になる副作用ですが、安全性の確立された天然成分のため、通常なら使用しても問題はありません。しかし、媚薬という効果を期待するためか、頻繁に服用したり、1度の使用量を多めにして体調を崩す人もいるようです。

報告されている副作用は、一般的なサプリメントを飲むことでも起こる下痢や嘔吐といった消化器系の問題で、体質的に合わないことでアレルギーを発症する人もいます。

それ以外に問題が起こることはないので、ちょっと体調が悪いなと感じたら、念のため病院で診察を受けてみましょう。日本製の媚薬に危険性はないので、心配せずに使用することができますが、効果もあまり期待できないという難点もあります。

そういった人が手を出すのが、日本で認められていない成分を配合した海外製の女性用媚薬です。こちらは日本から購入することができても、製造自体は海外なので、日本の薬事法に当てはまることなく様々な成分を使用しています。

医薬品成分であるシルデナフィルを配合したものもあり、これを服用することで頭痛や血圧異常、視覚異常といった重度の症状が現れることもあるようです。

大抵は媚薬の効果が切れると自然と症状も治まりますが、人によっては後遺症に繋がることもあるので、服用して強い症状が出たら性行為は続けず、すぐに服用を中止して媚薬を持って病院へ行き、検査を受けるようにしましょう。

いくら性行為を楽しむためとはいえ、人体に悪影響を及ぼすようなものは使用しないのが賢明です。